本当に悲しいことです

ちょっと前に、元なでしこジャパンの選手田村奈津枝さんが、交通事故で亡くなったことが、ニュースにて報道されてましたね。

田村さんは、元日本体育大学卒業のディフェンダーだった選手です。

まだ34歳という若さで亡くなってしまったということは、本当に悲しいことですよね。

なかなかスポーツの観戦はしないわたしですが、サッカーやバレーボールといったスポーツだけは、好んで見ていました。

なので、なでしこジャパンの活躍もシーズンでは、楽しみにしていました。

友人と、家族とサッカー応援居酒屋に行っては、タイムリーに大勢と騒ぎながら、応援したものでした。

なのでこの事故は、本当にショックで悲しく、いたましい事故となってしまいました。

事故そのものは、バレンタインの日に発生しており、場所は愛媛県四国中央市新宮町の高知自動車道だったそうです。

そこの大影トンネル入り口付近で、車6台がからむ衝突事故が発生し、この6台の中に、車を運転していた田村さんが乗っていたそうです。

トラック2台と乗用車4台が絡む、大きな事故だったようです

この愛媛県にある四国中央市新宮町の大影トンネルは、見通しはわりとよく、長さも1.7メートル程と、そこまで難しいトンネルではなかったようです。

しかし、雪が絡むことによって、このような事故に発展してしまいました。

スタッドレスを履くことの大切さや、車道の整備、除雪の大切さを感じさせられる事故になりました。

わたしもボードでよく雪山に行くので、他人事ではないでしょう。

だいぶ日が経ってしまいましたが、田村奈津枝さんのご冥福お祈りいたします。